CitruSTUDIO 2

シトラスタジオ2

会社卒業一人旅~第2回・LONDON~PART2 2日目編

さて、ここからがほぼ本編スタートと言ってもいいのでは(笑)

London2日目の一日についてです。

 

【2日目】

19-Jan-16 Tuesday

 

朝7時に起床したのだが、なんと外はまだ真っ暗。

「ホントに7時?」と思って

テレビをつけると・・・ああ、勿論イギリスの局のみですね

ひとまず「BBC1」にチャンネルを合わせると。

"BBC Breakfast"という、NHKおはよう日本みたいな番組がやってました。

(国営だし、おはよう日本はまさに同じポジションの番組だろう)

このニュースが全部聞き取れれば

おそらくTOEICは900点を取れるのではないのでしょうか。。。

映像見ればなんとなくはわかる気はしちゃいますが。

 

天気予報のコーナーで

"Sunrise 7:56"と書かれていたので、それで日の出時刻を知りました。

遅いですねぇ。

 

顔を洗って着替えて、朝食ルームへ。

「お食事券」とかないようで、宿泊客なら食べるのは自由らしいが

全日、全く変わりなく上記のように

トーストとフレークしかないので、

ココで食べずに外食する人や、買い足す人も多いみたいで。

ジャムは5種類もあったし、バターはおいしかったので

シンプルだけどまぁ悪くはなかったです。

 

Breakfastを終え、

いざ、London観光に出発!

天気予報の通りくらいに8時には日の出があり

9時くらいには普通にこれくらい明るくなりました。

いい天気~。

今回の旅行は本当にお天気に恵まれてよかったです。

 

まだ書いてなかったが、

ホテルの最寄り駅は、UNDERGROUNDのBayswater駅と言います。

歩いてすぐ、Queensway駅というのもあります。

ここから後日訪れる、すごいすごいだだっ広いKensington公園に近い。

 

下記はBayswater駅前のコンビニ "TESCO"。

中国やシンガポールでは日本のコンビニをよく見ましたが、

ロンドンには全くありませんでした。

コンビニというより、大手スーパーがやってるミニ版に近いのかしら。

 

有名な赤い公衆電話ボックスも見かけました。

ただ、噂で中は不潔なにおいがすると聞いたので

ドアを開けることはなかった・・・

結構写真撮ってる人多かったけど。

 

 Bayswater駅のホームはこんな感じ。

何かと絵になってしまう。

 

駅前のコンビニで買ったリプトンのペットボトル。

口が広いですなぁ。。。

 

Bayswater駅から、Circle LineでVictoria駅まで。

まぁ、日暮里から山手線で目白に行く感じでしょうか??

ひとまず、目的地目指して駅まで歩きます。

 

おお、赤いバスだ!

 

あれっ、馬が・・・!

 

馬車だ!

 

ロンドンの横断歩道の「おまちください」ボタン

 

あ、あれは、とうとう見えてきた・・・!

 

さて、ココはどこでしょうか??

兵隊さん

さて、この位置から写真を撮って正解の場所を・・・

正解の場所:

 

バッキンガム宮殿!!

 

バッキンガム宮殿とSt. James's Park周りで

冬場は2日に1回、衛兵交代のパレードが午前中にあるんですが

残念ながらバッキンガム宮殿をメインに訪れたこの日は

パレードなしの日。。。

というわけで翌日もう一度訪れたのでその様子は

3日目の日記に書きます。

 

バッキンガム宮殿をしっかり眺めた後は

St.James's Parkを通り抜け。

 

広くて長い並木道

 

途中、兵隊博物館があったけど、この日は休みだったらしい。

その横でささやかにやっている兵隊お土産ショップはちょっと見た。

 

St. James's Parkを通り抜けると、

Westminster駅に着きます。

 

と、そこには・・・!!!

 

 

ビッグ・ベン だーーーーーーー!!!!!

 

横断歩道を渡って、Westminster桟橋の方に着くと

 

アインシュタインみたいなゆるキャラがいたのはともかくとして

 

橋の上でスコットランドバグパイプを吹いている人を発見!

すごいイイ感じだな~と聞き入っているのに、

水を差すように、おばちゃんが勝手に人の胸元に花を差してきて

「お花よ!スコットランドの子どもたちのために

1ポンド寄付してくれないかしら」と寄ってきて

最初は「5ペンスしかない」と、イヤイヤながら5ペンスを払おうとしてしまったが、

「それでは足りない」と言われ、とりあえずイヤな顔を仕向けたら、

花を胸元から抜いて、去って行ったという。

コレが今回の旅行で初めてのハプニングでした。。。

 

ちなみに、その横で、別の男性が同じことをおばちゃんにされていて

あっさり "No, thank you" と言って振り払って去って行ってた。

次からはそれを使うことにしました。

 

そしてついに・・・

 

 

橋をだいぶ渡って後ろを振り返るとこんな感じに。

この辺はみんな写真撮ってます。

土日はもっと人いるんだろうな。

一人旅ではありましたが、しっかり、写真を自分入れて撮ってもらいました。

 

見れば気づくと思うのですが、国会議事堂が一部工事中だったのです。

でも、これもなかなか貴重だったのかも。

 

そしてその橋を渡った先に、Park Plazaという

大きなホテルがあるのですが、

ここは昨年、モヤさまでロンドンに行っていた時に

泊まったホテルなんですな。

 

とりあえず、記念にトイレに入ってきました(笑)

ホテルのトイレはキレイなものですから。。。

ものすごく豪華なホテルのようですね。

 

これはそのホテル近くの病院。。。

 

Park Plazaホテルやこの病院がある最寄り駅は

Waterloo駅というところのようで。

 

で、その病院近くから、ついに

赤いダブルデッカーのバスに乗りました!

 

これは、バスから撮ったんですが

 

自分で撮っておきながら、この写真↑はかなりの出来栄えかと。。。

いや、被写体が良すぎる^^;

 

ダブルデッカーは2階に乗りましたよ。

日本と同じように、ボタンを押して降りる感じ。

結構荒い運転で、ちょっと酔ってしまうかも

 

バスで、ピカデリー・サーカスへ移動してきました。

こんなカーブが特徴的な街ってあまり見たことがないかも。

ちなみに上記の写真は現在、PCのデスクトップにしてます。

 

大きな企業の看板が目立つ。

 

ジャージー・ボーイズのミュージカルが毎日見れるみたい。

見たかったなー。

 

ユニクロがありました。

アジアではよく日本の店を見かけるけど、

ロンドンではそんなにない気がするので、ユニクロすごいな。

 

ピカデリーの街中。

いちいち本当に豪華。。。

 

wagamamaという日本料理店があるけど、

なんか、とても高い!

ちなみに、案内人さんによると、

wagamamaはそんなにおいしいわけではないらしい

 

出ました。

MARKS & SPENCER。

略してM&Sですが。

イギリスのイトーヨーカ堂にあたるようですね。

 

ピカデリーからちょっと歩くと

Sohoという、多国籍料理店がちょっと多い町になります。

"yumcha"と書いてあるけど、ヤムチャと読んでいいのかしら。

 

で、Sohoを歩いていると

店先でグリーンカレーっぽいものの試食をしている店を発見し。

おいしかったのでここで食べることにしました。

 

今回のランチは下の写真のものを。

"Slaw"というらしいのですが

スパイスのきいたソースが豆や野菜にいっぱい絡んでいて

それを麦ごはんにかけて食べるという。

Slawって、スロー、コールスローのスローですね。

おいしかったし、ヘルシーなのかと。

 

店内はこんな雰囲気でした。

 

食べた後に、携帯を見ようとWifi求めにとあるカフェに来たが

Wifi繋がらなかった。。。

 

Soho→ピカデリー→トラファルガー広場は、

個人的には問題なく歩ける距離。

歩いてトラファルガー広場へ着いたり。

イギリスのヘソと呼ばれるらしい(ガイドに書いてあった)。

 

広場の後方に見えるお城みたいなのは、ナショナル・ギャラリー

 

トラファルガー広場から歩いてCharing Cross駅という

結構大きなターミナル駅があります。

トイレだけ借りに来たが、

基本的にロンドンの公衆トイレは有料です。

まぁ、50pence(=100円くらい)だが。

入口には駅の改札みたいなのがあって、切符を入れるところに

コインを入れるようになっています。

 

まぁ、それだけにトイレは公衆なわりに清潔。

エアータオルとでも言うんだっけ、これ。

ロンドンでは結構dyson製を見かけまして、かなり強力でかなり温かい(笑)

 

UNDERGROUNDのCHARING CROSS駅、

ホームが豪華すぎます。

 

さて。電車に乗って、British Museum

すなわち大英博物館へ向かいます。

 

これは大英博物館の隣にある、ロンドン大学

 

そして・・・ついに大英博物館!!

 

と思ったけど

 

あれ・・・?

ホントに大英博物館なの?

 

と思ったけど、本当に大英博物館なのですが、

裏から入ってしまいました。。。あれ、正面入口はどこだ?ま、いっか 後で

 

というわけで、大英博物館でーす。

 

ここまでで説明なしですが・・・

広い!とにかく、広すぎる!!

こんなに広いのに無料で入っていいのか!!

 

いっぱいものが飾られているけど、

英語で書かれているとすべての内容は把握できないので、

一部は想像で考えたりと。。。

 

この後も様々博物館には行ったのですが、

ロンドンの博物館についているカフェは、

単に飲み物だけを出しているわけでなく、食べ物が豪華なんです。

日本の街のカフェ以上に食べ物があるかも。

ケーキの数がすごいあるし、食べ物もパーティーやれるほどあったな、ありゃ

 

大英博物館で最も印象に残ったのは

最上階にあった、日本のコーナーです。

これだけなら、説明見なくても大体わかる。

 

「日本の漫画文化」というコーナーがあり、

聖☆おにいさんの漫画が展示されていました。

案内人さんによると、ここに飾られている漫画は

時代の流れで変更しているらしい。

 

大英博物館のフロア案内。

ロンドンでは「1階」のことをGround Floorと呼び、

数字にすると「0階」になるんですね。

で、「2階」が「1階」となり、「地下1階」は「-1階」と

書かれています。

なんかそういや中学の時くらいに知った気がする。

 

で!

ようやく大英博物館の正面。

結局、正面からの出方すらわからず、写真撮影のみ。。。

 

疲れたので、大英博物館のすぐ近くで

本場のAfternoon Teaをしてきました!!

ローストビーフのサンドイッチ3つ

スコーン2つ

ケーキ1つ

紅茶

で、£17ほど。(3000円くらい)

こう見えて、かなりボリュームありました。

おいしかった!!

紅茶の上にあるのは、このお店が最近発売してイチおしという

モンジュースを無料で持ってきてくださいまして。

 

このAfternoon TeaをしたTea and Tattleというお店は

ガイドブックに載っていました。

1階は雑貨屋さん、地下がカフェ。

なんともおしゃれで癒される。

 

で、お茶が終わって店を出ると。

外は暗くなった場合の大英博物館が。

 

 大英博物館からしばらく歩いて、Covent Gardenに到着。

Covent Gardenはロンドンのマーケット街とでもいうのかな、

とにかくお店がたくさんある。

質のいい原宿みたいな感じなのかしら。。。

 

無印良品もありましたけど

商品表示がモロ日本。。。

 

さて、

本日2日目最後のビッグイベントは、ミュージカル鑑賞です。

 

ミュージカルの予約は日本でもできるのです。

といっても、ネットでしたのだけど。

「今ならこのDress Circleの席が割引されてます」と書かれていた

"BILLY ELLIOT"を選びました。

 

というわけで、またUNDERGROUNDにて

Victoria駅に到着、

駅前のその名も Victoria Palace Theatreが

BILLY ELLIOTの上演劇場です。

そんなに大きくないように見えて、中の劇場はかなり広い。

 

私が選んだDress Circleの真ん中の席は

普通はわりかし高いのだけど、割引価格で7000円ほどでしたね。

眺めはこんな感じ。

オペラ座の怪人などの同じ席だと、割り引いても15000円くらいはいってしまう。

いや~。

結構、何を言っているかわからなかったですね~~(笑)

でも、なんとなくはわかる。

 

Billy Elliotとは主役の少年の名前で、その彼が

ボクシングをやっていたけど、やがてバレエに目覚め、

そして成長していくという物語。

華麗なバレエのタップダンスがミュージカルの見どころ。

Billyが死んだお母さんを思って泣いちゃうシーンは、

もらい泣きできました(笑)。

 

どうやら、来年赤坂ACTシアターで日本版が上演されるそうなので

是非見に行きたいなー。

 

ミュージカル終わって、帰りのVictoria駅を撮影。

ロンドンの地上線の鉄道駅

本当に映画のようで。

 

22時なんだけど、すごい疲れたんだけど

昼にランチしてAfternoon Teaしてて

おなかの減りようがすごいけどあまり食べるのはどうかな・・・と思ったら

 

Victoria駅に、Cornish Pastryという

ベーコンポテトパイのかなりデカい版が売っていました。

大体、£3くらいだったかしら。(600円くらい?)

これだとわかりづらいけど

結構大きいのさね。

この時の自分にちょうどいい大きさだった。

日本でも駅でたっぷり野菜を入れて、販売してほしい。

(そうすれば残業後に食べられるので)

 

この日も本当にばたんきゅーーな感じでしたね。

 

3日目につづく。