読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CitruSTUDIO 2

シトラスタジオ2

ベトナム ホーチミン旅行 PART.1

9月末のことなのですが、
大学の友達とベトナムホーチミンへ旅行してきました。

言い出しっぺは自分。
アジアの、中国以外の国に、以前から行ってみたくて
近年テレビでよくホーチミンが取り上げられて、
興味がわいていました。
バイクの国、というイメージが強かったですけど。

3泊5日で、出発は夜、帰国は昼。
フルで観光できたのは、3日間でした。


では、順に綴っていくとしますか。
今回は出発と1日目。


【出発】2016-09-24(土)

出発は30分ほど遅れたような。
6時間も乗る国際線、というけど、
ベトナム航空の飛行機、だいぶ国内線的な造りでした@@;
モニターが一人一つ、テーブルになかった。。
友達がいなかったら、退屈だったかもなー

外観はきれいでした。
写真はないけど、CAさんの制服はアオザイだったかな。

 

機内食は食べれました。
後日、修学旅行で食中毒騒動が起こったらしいですが。。。

そんなこんなで、無事タンソンニャット国際空港に到着。

初めてのタクシーにドキドキしつつ無事に乗り、
ホテル到着してすぐに寝たかなー。
私は翌朝にシャワーを浴びた。
浴室とトイレはとてもきれいでしたね。

 

【1日目】2016-09-25(日)

 

1日目、ホテルの朝ごはん。

海外のホテルの朝ごはんって、基本的に全く期待しないのだけれども、
ホーチミンは今までで一番良かったですね。
朝からフォーが食べられるとは。他もしっかりしていてよかった。

 

ベトナムの通貨「ベトナムドン(VND)」

100000ドン = 500円

はて、、、、


というわけで、観光スタート!!


と、いうものの…バイク多い。。。。。

そして横断歩道渡りにくい。。。
信号をみんな守ってくれないよーー

ホテルから、タクシーで
観光名所のベンタン市場に着きました。

あちらこちらから、我々を見かけると
「お姉さん安いよ買っていって~」という声がすごい。
日本人はどんどんお金を落としていくのかね。

まぁ、翌日のメコン川クルーズで行動するための
サンダルが欲しいなと思い、
市場のお姉さんゴリ推しのサンダルを買いました。
※でも、このサンダル今でもだいぶ役立ってる。ベランダ出る用やフラッと近所に行くために履いてる


その後は、統一会堂。
ベトナム戦争終結のシンボルとなった場所です。

 


今でも使えるのでは、と思える部屋やものが多かったと思う。

この屋上で、疲れて売店でジュースを買い、飲んでいたら
館員さんに何か話しかけられ、どうやら「下に降りろ」ということだったみたいで
降りたら、
なんと、午前・午後の間に「昼休み」があるらしく
いったん、閉館するだとか。
ベトナムは、こういった習慣がどこの店でもあるらしく、
訪れた店のレジの後ろで、普通に寝っ転がって眠っている人をよく見かけました。


次は、観光名所となる聖母マリア教会の前で撮影を。
きれいな建物だな、中には入らなかったけれども。

 

そこからすぐ近くに、中央郵便局という
これまたきれいな建物がありまして。

 

ここにも雑貨屋さん(お土産)があり
市場と異なり、落ち着いて買い物を楽しめました。
ここで、ブレスレットを買ったな。


郵便局から出て、友達の知人さんオススメというお店で
ランチを食べよう、ということになり、
そのお店に向かって歩いている途中…

…先に前を歩いていた友達の「叫び声」がしまして。
「ん?」と思い、見ると

友達の携帯(iPhone)が、バイクの人に盗まれてしまった!!!


今回、最大のピンチでした。
あらゆる罪悪感と後悔と混乱が自分の頭をよぎる。
ひとまず、言い出しっぺ(幹事)の自分として
何をすべきか考えたあとに、
いったん、ツアーの旅行会社の現地店舗に相談しよう、ということにしまして。

まず言われたことは、盗まれた携帯の回線を停止させよう、と。
なるほど。そりゃそうだ。

次に何か、というと
・保険が降りるのか、ということ
・携帯が盗まれたことで、友達が家族、職場の方と連絡が取れるのか、ということ
 実家暮らしの子なので、盗まれたからには
 ご家族との連絡が必要だったもので。
 (自分がもし盗まれていたら、職場でパートナーさん勤怠メールのCCの宛先に
  なっているので、それが受け取れないため、職場メンバーに連絡が必要だったかも。
  実家は、まぁ時々ヒマな時しか連絡しないしな。。。)
・盗まれ先で、携帯が悪用されないか、ということ


で、2時間くらい調べたり連絡したりして

>>・保険が降りるのか、ということ
→報告するだけで、OKだった!無事降りたそうです。
 ちなみに、保険証書を紙出ししておくのは大事らしい。
 今回、自分の場合、エポスカードについてるから大丈夫って、何も紙出ししてなかったからなぁ。。。

>>・携帯が盗まれたことで、友達が家族、職場の方と連絡が取れるのか、ということ
→貸出国際電話やPCのインターネットなどでなんとか解決

>>・盗まれ先で、携帯が悪用されないか、ということ
→これが驚いたのだが、iPhoneは、iCloud上で「紛失」モードに切り替え
 盗難された場合に、一切使えなくしてしまう、という
 機能がついているらしい
 (Androidの場合、どうできるのか、覚書として後で調べないと)
 

ということがわかった。
本当にどうしようかと思ったけど、ベトナムですべきことは
いったんすべてやったつもり。

後日、友達も機種変をしたとのこと。
保険金も無事に振り込まれたとのことで。本当に良かった。


この混乱に遭っている時に
道で、日本人好きのおじさまに話しかけられて
またドキッとしたのだけど、話するといい人で
「盗難なんてのはな、クスリやってるやつがやってるんだよ
哀しいね・・・」
と言ってました^^;

 

なんとかいったん落ち着きまして。
仕切り直し、旅行会社現地オフィス付近の
フォーのお店「PHO24」で、遅くなっちゃったけど、お昼。

おなかペコペコだったので、とてもおいしく感じました。
のですが、オプションで入れた青唐辛子が
想像を絶する辛さ!!!!!
ヤバいよヤバいよ~~~~

ということで、激アマアイスカフェオレを頼みました。
飲まなかったら、絶対死んでた。。。

けど、その後もこの唐辛子パワーで
帰国してから体重が結構減ってたんですよね。
カプサイシンと、歩きまくったおかげかな。
代謝が上がってよかった。


色々疲れたけど、本日の夜のメインとなる
ロンヴァン水上人形劇場へ。


先にチケット(18:30頃から開始)を買い、
ここからちょっと離れた店でお茶を。

で、公演が始まると。。。

 

大・大・大爆笑!!!!!

一同、最前列で見てましたが
人形劇の水が飛び散るは、最後には火花も飛び散るわ、
劇は短め16編ほどあり、
それぞれの話、すべてベトナム語で全くわからないのに
人形たちの動きが面白くて、話もよくわかりました。

ひったくりの衝撃がだいぶ抑えられたと思います。。。
とても楽しかった。
これはまた見てみたい。


人形劇をあとにし、ディナーへ。
たまたま昼間のフォー食べた店のお隣の、雰囲気のいい
外で食べるお店。

メニューが字だけという、海外スタンダードで
何かはわからなかったけど、まあまあおいしかったです。

 


ただ、帰国してから思ったのだが
ライスペーパーをふやかすための付け水が必要だったのでは。。。と思ったり
そうでない状態で食べたから、固かった(笑)

サイゴンのビールはおいしかったな~。

 

というわけで、様々な衝撃を覚えた1日目。
翌日は安全に気を付けて行動しよう。。。と思いつつ

2日目へ続く