読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CitruSTUDIO 2

シトラスタジオ2

試験に合格できました。

先日、Oracle社が扱っている
Java SE 8 Silver」の試験に、無事に合格することができました。

システムエンジニアとしては
非常によく扱う「Java]というプログラミング言語
文法や基礎的な処理方法などを問う試験です。
・試験時間  2時間30分
・問題    77問
・合格ライン 65/100 %
・コンピュータ選択方式

たぶん、多くの企業や官公庁が使用しているB to B/Cシステムで
Javaが組み込まれていると思われます。
あと、AndroidスマホアプリにはJavaが使われておりますよ。

私はJavaは新人の頃から知ってはいましたが、
本格的に現場でその設計から製造、テストなどをやるようになったのは
おそらく29歳の頃からですね。
でも、ずっと現場の使われ方から「なんとなくこういうもの」と
覚えるしかなかったわけで
何を最低限覚えるべきなのか、全くわからずここまで来てしまった感じです。


ただ、前の会社を辞める前後でずっと自己主張していた
「資格試験は苦手だ。嫌いだ。一生資格なんか取らなくていい」
という思いは強かったのですが、

特に、3月くらいで
前回の記事にも書いた、以前仲の良かった人に
嫌なことを言われた、という際
その一つに、Javaの技術のことで「これはこうでしょ」
と言われたこともあり、
かなり悔しいと思いました。

そもそもあなたに最初、Javaのツールの技術を
フレンドリーに教えたつもりなのに。
数年後に、仇で返されるとは。信じられない。
でも、実際、私も、Javaは断片的にしか知らない。
彼女も、まぁ(幸いその居心地のいい職場にいられるという環境があってこそだけど)努力して勉強したのだろう。

というフツフツとした思いと、
前回の記事にもちょっと書いた「勉強したい」という思いが
背中を押してくれたようです。


6月に、毎朝早めにオフィス近くのカフェにて勉強し
試験直前になると、仕事帰り、家でもやるようになりました。
最初はネットカフェとかでもやっていたけど
だんだん節約もあり、家でやれるようになってきて
それからはノート作りなども行い、わりかし捗りまして。

でも、なかなか制限時間内に解けなくて、全然正解もしなくて。。。
前日までは落ちるんじゃないかと思っていたけど。


試験当日は、「ムダな時間を作るのだけは絶対にやめよう」と
予め練っておいた対策を実施しまして。
実は、5月に1回目受験して不合格しており
受験会場の様子を知っていたので、生かせました。

・「スタート」ボタンを押下する前に、大きく深呼吸3回
・ノイズカットに付属のイヤーマフをする(頭も覆われ、落ち着く)
・手元のホワイトボードに、問題番号を全部書いておき、
1分考えこんだ問題番号に○をつけ、とばす

すると、○をつけたのもわずか4問の状態で30分余り、残り時間15分ちょいで4問もクリア。
見直しが10分だけできました。


試験が終わり、結果はすぐにメールで来ます。。。
トイレ済ませてから、ドキドキしながらメールを見て
指定URLを開き、ログインすると。。。

70%で合格!!しました!!


見たとたん、しばらく試験会場の秋葉原周辺で私は
「はーーよかったーー」の連呼をしまくっておりました。


今回の試験勉強で、合格できるかわからなかったも、
Javaの基礎的な勉強ができて「こういうこと知りたかったんだよな」と思え、
なおかつ苦手だった資格試験が久しぶりにクリアできて
本当にうれしかったです。
会社にもおめでとうと言ってもらえて、
そして…高い受験料もカバーしてくださいました。(28000円くらい。。。)

こういう意味でも、会社移籍してよかった。
前の会社では、二度と受験したいと思えないくらい憎しみで溢れていたので。

そこから、家の整頓をしよう、やりたいこといっぱいやろう、と
最近家の中もだいぶ片付いてきて、
次にやってみたいことの整理もついてきたりと。
想像以上に良かったです。


前からネックになっている別の試験もあるけど、それも合格できるよう
またがんばらねば!