CitruSTUDIO 2

シトラスタジオ2

会社卒業一人旅~第2回・LONDON~PART1 出発と1日目編

1月18~23日の間、とうとう一人でイギリスのロンドンを旅してきました。

 

ずっと憧れていた場所、イギリス…

小学校の時の好きな漫画「ミラクル☆ガールズ」にも出てきたり

中学校では好きな英語の授業で度々流れるBeatlesの曲に興味を示し、

特に中2あたりで聴いてたNHKラジオの基礎英語3で「イギリス英語」の存在を知ったり

高校ではイギリスの地理をイギリス英語で学ぶ授業が好きだったり、

大学では専門の英語の授業、たくさんあったけどやはりどこかイギリスの雰囲気が好きで

最終専攻も卒論もイギリス詩にしたり、など

 

主にそれは学生時代の思い出ですが、

社会人になって、SEになって英語とかけ離れた世界になっても

英語の先生の免許があるので、英語を使う職場がたまにあるのですが

そういうところで縁があって現場入れてもらって。

英語好きのおかげで何かと生活できる、ということもあります。

 

でも、貧乏な家で育ったので!

今まで一度も旅行でヨーロッパなど行くことがありませんでした。

お金も時間も必要なのでね。

これだけ英語やってきたのに、本場で一回も使えないのは寂しい。

というわけで今回の有休消化にて必ず行こうと思い。

 

ただ、初めてのヨーロッパなのに一人・・・は心配と思って

mixiで知り合った同年代の日本人の現地の女性(案内人さん)に

いろいろ手助けをしていただき

直前にネットカフェなどで計画を練っていざスタート。

 

長くなると思うので、日ごとに分けて写真を追う感じで書いていきます。

 

【出発】

18-Jan-16 Monday

 

初めての大きなスーツケースで空港へ・・・

という日に、

なんと朝から東京は大雪。。。

道路にスーツケース転がしづら。。。

なんとか車の通った後を利用して、

滑ると危ないのに、雪のないところでは猛ダッシュ。

前もこういう感じの状況の時、この後体調崩したので、とても心配でした。

が、その後特に体調崩すことは幸いなく。

 

雪が降っても大体優秀な京成線のおかげで、

旅行会社の待ち合わせ時間の前に、無事に成田空港に到着しました。

 

のですが・・・

 

なんと・・・

出発時間が、3時間40分遅れ!!!

「機材変更」(まぁ、飛行機を変更することですな)のためだそうですが。

こんなに雪の朝急いできたのに!!

だったら早く言ってくれーー!!

まぁ、安全第一ではありますけど・・・フライトは長いし

 

今回の航空会社であるBritish Airwaysから

お詫びの「成田空港のレストランどこでも使える1000円チケット」をいただき

豪華なお昼を食べたり、他のターミナルで遊んでいたりして

ヒマつぶししてました。

 

そして、ようやく出発。

これ以降は遅れることはなかったです。

下の飛行機が行きの飛行機ですね。

 

豪華なお昼を食べたばかりですが、

15時過ぎに「夕飯」が出ました。

焼肉、サラダ、パン、チョコケーキ

オプションで白ワイン

 

食べてからしばらくして照明が暗くなり

お客さんは大体寝るのですが、

私は全然眠れなくて、ずっと本を読んでいました。

一冊の本がこの飛行機で読み終わりまして。

 

気が付くと、窓から外を見ると、

ロシアの雪山が下に。

 

ロシアは広い・・・広すぎる・・・

 

さ、寒そう・・・

 

まだ5時間半もある・・・でもまだロシア・・・

 

行きの飛行機はなんか古いタイプみたいで

ビデオプログラムも充実してなかったんですな。

そのためか、全然見ませんでした。

無理やり寝てみたり、でも全然眠れなかった

 

ああ!やっとロシアを抜けて近づいてきた!!

 

すると、窓の外も明るくなり

機内アナウンスで

「おはようございます~朝ごはんの時間です~(片言)」と流れ

「朝ごはん」を食べました。

まぁ、この前のご飯が上記「夕飯」と、途中配られたアイスクリームのみなので

順序は正しいのは確かですが。

 

で、朝食の1時間後くらいに・・・

とうとうロンドンが見えてきた・・・!!

 

12時間のフライトが無事に終了。

London Heathrow Airportに到着しました。

 

Heathrow Airportの入国審査が、

200人くらいお客さんが並んでいるのに

審査官が2~5人しかおらず、遅い・・・

そんなんで、空港を出るのには1時間ちょいもかかってしまいました。

 

私の審査は一瞬で終わり、

ようやく抜けて、London UNDERGROUND(地下鉄)の

Heathrow Terminal 5駅へ。

 

Heathrow Terminalは全部で5つもあるのですが、

Terminal 5にBritish Airwaysの日本便がすべて停まるそうです。

 

そして、こちらに旅行中は大変お世話になりました。

日本でいうSuica/PASMOの交通系ICカードにあたる "oyster"です。

ひとまずこれに15ポンドチャージして

いざ、スタート!

2016年1月18日の週現在、1ポンド(£1) = 160円 でしたが

普段は、200円くらいともっと高いようです。

景気の影響か、だだ下がりなようで。

 

そして地下鉄が来た!!

 

日本の地下鉄に比べると、子どもが喜びそうなデザインな気がする・・・

 

最初に見た広告。

 

1時間ちょいくらいかけて、London地域の宿に到着。

道に迷わなければ、もう少し早く着いたかもですが。。。

 

宿は、下記のホテルですが、

安いツアーを取ったからか、

おそらく、住宅地の一軒家を3軒ほど利用し、

ホテル仕様にして使用している感じのホテルでした。

エレベーターなかったし。

地下のお部屋でした。

部屋はきれいでしたよ。

 

飛行機に12時間も乗って、そのあとでずっと移動してきて

もう体がボロボロで

シャワーを浴びないと汚いのですが、

夕飯をホテル付近でさっと食べて、

シャワー浴びてさっさと明日に備えて眠ろう・・・と思い、

ホテルの駅近くのお店へ。

 

とりあえず "Fish & Chips"(白身魚フライ&ポテトフライ、イギリスの名物料理)

を食べようと思って

まさにFish & Chipsの看板を掲げているお店に入りました。

こんな感じのお店。

 

出てきた!Fish&Chips。

青りんご炭酸ジュースと一緒に頼み。

写真ではわからないと思うけど、結構大きめです。

本当にFishとChipsだけで、野菜はないのね。。。

 

美味しかった。

ボロボロな体だったので、ひと際温かみを感じ。。。

 

この店は、今何かと熱い、と言ってはだいぶ失礼ですが

イスラム教徒の方々がやってる店のようでしたね。

結構ロンドンって多民族で、

黒人やスカーフを頭からかぶるイスラム教徒が多いです。

アジア人も意外と多いし。

ちなみに後から案内人さんに教えてもらいましたが、

イスラム教徒の方々は結構お金持ちだそうで。

 

上記のレストランのある道:

 

歩いていくと、ホテル付近に下記のショッピングモールがあり。

白線がないけど、信号も見えると思いますが

下記は、横断歩道です。

白線のある横断歩道もありますよ。

有無の差は不明だけど。

 

いや~~

この後本当にぐっすり寝て、現地時間の翌朝にすっきり起きれて

旅行中は時差ボケは全然ありませんでした。

 

2日目につづく。