読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CitruSTUDIO 2

シトラスタジオ2

10th Anniversary

・・・・・3ヶ月連続似たような挨拶で始まろうとしていますが
もう、、4月も下旬ですね、、、

3月までの、ひどいひどい激務が終わって、
休みもなしに、4月から新しいテレビ局のお仕事が始まり
3月までの半年ちょいのプロジェクトのことも特に振り返ることもなく
なんかようやく隙ができたので、ブログを書いてみています。

いやー、3月はムチャクチャだったよ。
信じられない。
仕方ないから3月のほとんど、オフィスにいたよ。
ただでさえひどい状態だというのに、
なんで上様はわけのわからない、当初やる予定ではなかった荷物を
あっさり引き受けてくるかなぁ。
荷物の内容もまるで20%くらいの出来上がりで持ってこられたら、
こちとら5%くらいしか仕上げられませんよ。
しかもたった1ヶ月で何ができるんかねぇ。死んでもムリだと思うし。
メンバー、巻き添えになった他チームヘルプ、計30人ほどみんな揃って
「はぁ???」と言いましたよ。マジで。マジで。
どうして上様はそこで患者・・・いや客にブチ切れないのだろうか。
どこまで媚を売るのか。

でも、一応、解放されたんだなぁ、あのプロジェクトから・・・
気がついたら。


ざっくりしすぎなんですが、私の社会人生活10年間の終了の瞬間は
そんな感じで「・・・?もうこれムリに決まってるんですけど」という
よくわからない虚しい感じの終わり方でした・・・・


10年。
10年。
そう10年。
10年の祝い金も無事会社から受け取りましたし。


私は、ちょっと前までは、まだ直近のひどい状態でも
ここまでキャパオーバーになることはなかった。
無理してやり切っていた。
ただ、ある日どこかで考え方が変わり
「充電切れ、無理はしないように、させないようにしたい」という
感じになった。
これはひどいことになるのではと懸念すると、
すぐに断り、別の策を考えるようになってきた。

そこが最近変わったかなー、って気がします。
完全に仕事のやり方から由来しちゃってますが・・・


でも、そんなことしてると、プライベートがだいぶ限られてくるからねぇ。
どこかで昔の自分も受け入れたいような気もしますけど。


まぁ、とにかく。


11年目以降も、自分を見失わないように、進んでいけたらと思います。