読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CitruSTUDIO 2

シトラスタジオ2

ピアノの発表会 ~Inscrutable Battle~

先日、またまたピアノの発表会がありました。
今回は、なぜだかその日サックスのクラスの方々の申込が多かったらしく
サックス演奏に囲まれた、ピアノという感じでしたが・・・

8月のあのサントリーホールでの発表会の後くらいから
曲決めをして、なんとか練習をしてきたって感じですが、
この発表会の日までに、職場で例の騒動があったり、扁桃炎になったりなど
なかなか大変でした。
扁桃炎の後くらいからはもう大丈夫でしたけど。
ジムにまた行き始めて、だいぶ体力やら免疫力が復活してきまして。
そんな中、練習してきた今回の曲は、記事のタイトルの通り

松谷卓さんの "Inscrutable Battle" です。
※「計り知れない闘い」という意味だそうで

タイトルだけ聴くと「?」と思われそうですが、
この曲です:

 


大改造!!劇的ビフォーアフター Inscrutable Battle - YouTube

 

そうそう、おなじみビフォーアフターのテーマです。

ピアノの見せ所は多そうで、ピアノ曲ってわけじゃないです。
とてつもなく速いし、1小節ごとにリズムが変わるという
すさまじい曲です。
4/4 -> 3/4 -> 4/4 -> 3/4 -> 4/4 -> 4/5
とか、こんな曲やったこともないです。
ただ、原曲は番組をよく見ているのもあり、わりかし聴いているので
あまりリズムを気にせず、耳コピ中心です。

入手したピアノ譜では、
原曲のピアノと見せ場となる部分が見事にバッサリカットされていて
ここを弾きたかったのにな~と思ってて、そこは残念でした。
で、なんとか耳コピできる範囲で
自分の弾きやすいようにアドリブで弾き、本番もそのようにしまして。

何気にサビ?のトゥルルトゥルルルレー・・・♪ってところが
結構難しいんですな。
そこは直前に猛練習しましたけれども。


本番は、だいぶ緊張してしまい、かなり間違えまくって
見に来ていただいたお客様たちには申し訳のないことを・・・
発表用のピアノが結構引きにくいのもあったのですが
確実に練習不足ですね・・・
まだまだツメがあまいと思いました。

私の技術では、このスピードで、両手では弾きこなせなくて
結構悩んでいた部分もありましたが、そこは逆に
いつも通りになっていた気がするけれど。
うーん。最後だいぶミスったわー。
まだまだ緊張に慣れるのは大変なようですね。
せめて途中で止まらなくてよかったです。


好きな曲だから、もうちょっと聴き込んでいろいろやってみたかったけど、
この曲は結構ピアノ一台ではキツイところがあったかなー。
まぁ、弾く機会を持つことができてよかったです。


今年の発表会はコレで終了かも。
1月から始めてきましたが、なにげに5曲やったんだなぁと。
昔は「弾かされている」感だけでやっていて辛かったことが多かったけど
今はだいぶストレス解消になっていて何よりです。
今年、発表会聴きに来ていただいた皆様、本当にありがとうございました!


次は、久々にクラシックでもやろうかなぁと。